売上を上げるためには、粗利率と粗利額を気にする

前回「売り上げを上げるためにどのくらい投資しているかが大事です。粗利率と粗利額の話」でちょっと話しました粗利率をもう少しわかりやすくまとめてみました。

粗利率は業種と規模によって違います

今回は小さな会社の考え方です。物販で考えると粗利率50%以上がなんとかやれる最低レベルかと考えます。

左側の図が原価と粗利を50%にしたもので、粗利の中から利益、販管費、人件費を割り振ります。右側の図が金額に直したものです。

10万円を投資して20万円の売り上げになった時に、利益2万円、販管費4万円、人件費4万円と振り分けます。

粗利率が上がると

では、この粗利率を上げるとどうなるかと言うと下の図になります。

原価は10万円で変わりませんが、粗利率が大きくなると倍々で増えていきます。

粗利率が大きい商品を探す

ということで、売り上げを上げるためには、粗利率の高いものを探すと良いことがわかります。

簡単に言うと「1万円で仕入れたら10万円で売る」のが良いという事になります。

粗利率の高い商品やサービスはそんなものがあるのかは、前回の記事「売り上げを上げるためにどのくらい投資しているかが大事です。粗利率と粗利額の話」に詳しく書いてありますので、今回の記事と一緒に読んで頂けるとわかりやすくなるかと思います。

合わせて読みたい

(Visited 79 times, 1 visits today)