起業してもサラリーマンです。でも、会社負担分も自分で稼ぐことになる。

今の会社を辞めて、起業したとします。自分で会社を起こしても、会社から毎月給料をもらいますので、サラリーマンです。社会保険も厚生年金も給料から引かれますので、ほぼ同じようになります。(雇用保険がないなどのちょっとした違いだけです。)

起業すると自分の給料を自分で決められる

正確には、役員報酬を株主総会で決めて、1年間定額で支払われます。役員報酬を360万円と決めると、12か月で割って、1か月30万円の支払いになります。厚生年金、社会保険、源泉徴収などが引かれますので、手取り額は、20数万円となります。(この金額は1年間変更出来ません。また、役員報酬の変更は、株主総会の承認が必要になります。)

これ以外にも、役員報酬を0にして、株主配当金として支給するということも出来ますが、私はやっていないので、よくわかりません。

起業しても社会保険と厚生年金に入る

起業しても給料制にしていれば、サラリーマンと同じです。ですので、起業すると社会保険や厚生年金が心配と言うことは無いです。同じです。

だから、個人としては、サラリーマンであることに変わりはありません。

でも、起業すると何かが変わります。

会社の負担分も自分で稼がなければならない

社会保険と厚生年金は、給料から引かれますが、それと同額を会社が負担する仕組みになっています。1ヶ月30万円の給料の支払いをすると、社会保険と厚生年金の会社負担分が数万円あります。ですので、30数万円がトータル金額になります。

大体の金額として、会社負担分が4万円になります。つまり、34万円がトータル金額になります。

自分に30万円の給料を支払うために、34万円が必要になるということです。これを会社としては、つくらなければいけないということになります。

30万円の給料に対して社会保険料負担は8万円

今は会社に勤めている方は、この会社負担分の額が見えにくいので、起業してからの社会保険料の金額に驚くことになります。これは、年々値上げしていく傾向にあります。(会社だけの負担には、子ども・子育て拠出金もあります。)

厚生年金は、将来のためということもありますが、かなり負担になります。

まとめ

起業してもサラリーマンですが、社会保険料の会社負担分があるので、多めに稼ぐ必要があります。

合わせて読みたい

(Visited 13 times, 1 visits today)