一人で起業するときに毎日やらなければいけないこと

会計

お金の管理は必ずしなければなりません。最初は自分で始めてみて、理解するところからします。複式簿記ですが、会計ソフトがありますので、基本的な事を理解するだけで出来ます。

営業

仕事を受注するためには、営業しなければなりません。勝手にお客様が来てくれることは100%ありません。起業は、営業が全てです。営業できれば、後は何とかなると思って大丈夫です。

作業

仕事を受注するまでにする作業、受注して納品する作業、納品後の請求作業、新規製品やサービスの開発作業、毎日は作業だらけです。うまく外注を使うことも考えないと、起業したのに作業だけの毎日になってしまいます。

全てをやってみる

何でもチャレンジすることが大切だと思います。一番難しいのは「営業」です。とにかく営業できれば、後は何とかなります。作業は分担を考え、会計は毎日少しずつ理解することで、1年後にはかなり出来るようになります。

合わせて読みたい


    会社をつくるのは簡単です お金があれば会社はつくれます。何も心配する必要もありません。誰でもつくれます。そこに意味は全然ありません。会社をつくることと起業する…


    起業をすると、何が困るのかと言うと、いつも一人でいるような感覚になります。 もちろんいろいろな方と話すのですが、なんというか・・・、孤独な感じがします。 誰に…


    起業して直ぐには、空いた時間があります。ここでは、とにかくがむしゃらに動き回ることが大切です。何でもチャレンジしていくことで、見えてくるものがあります。 仕事…

(Visited 10 times, 1 visits today)