Youtuberのヒカルさんと店長がまじめに話している動画を見て

私は店長の話が良くわかります。うんうんと頷きながら見ました。

起業あるあるの話の中から、かなりのヒントが隠されています。

簡単にまとめると

サラリーマンを続けられるならそれが素晴らしい

ここから始まります。店長は、サラリーマンというレールから自営業と言うレールに乗り換えたという、多くの人が真似できそうなことをしています。

サラリーマンを5年とか続けて、技術をつけてから独立した方が良い。

サラリーマンで優秀な方が一人になったときに同じスペックでいられるか

会社の中で優秀でも、一人になった時に同じように出来るかが大事。世間に出ると空回りしているだけかもしれない。

好きな事よりも出来ることをやる

好きな事をすると趣味に傾倒してしまう。それだと食べていけない。

例えば、カードゲームが得意な人がショップを始めても、かなりの人が辞めてしまっている。

自分の分析が大事

人によって才質とか性格が違うから、自分を分析する。

図々しさは交渉力につながっている

交渉するときには、相手にもメリットがあるようにする。相手にも得になるように、自分にも得になるように、明確にすること。

商売をしていく上では、どこかで必ず交渉する必要がある。

本気でやりたいなら

究極的に言うと、本気でやりたいのなら、周りがどれだけ止めてもやってみる。苦しくても、楽しさに変えられるような精神力が必要。

最後に、やる気があるのなら「Youtube」やってみるのが良いんじゃない。何が当たるかわからないから。挑戦し続けた人だけが成功します。

これは参考になります

店長の苦労がものすごくよくわかります。

合わせて読みたい

(Visited 2 times, 1 visits today)