インターネットって見えない世界があるんです

今、私はパソコンの前に座ってこの文章を書いています。後ろを振り返ると打ち合わせ机があり、イスがあります。これは現実世界ですが、そうでないかもしれません。

この文章を読んでいるあなたは、私からは見えない世界に居ます。自宅かもしれません。電車の中かもしれません。会社かもしれません。そこがどこだか私にはわかりません。

でも、こうして私の手紙を見ているあなたがいます。これはどこの世界なのでしょう。

インターネットの世界

これをインターネットの世界としましょう。地図を見ても見ることのできない世界がそこにあります。インターネットの世界を覗くには、インターネットに接続する機械が必要です。スマホって言ったりパソコンって言ったりします。

この機械を使うと見える世界があります。機械を使わないと一生見ることの出来ない世界があります。

知っている人にはもう一つの世界がある

テレビと新聞しか情報を知ることの出来ない方がまだ居ます。朝、新聞を読んで、夜はテレビを見るような生活をまだしている人がいます。

情報弱者と呼ばれる人たちですが、この方たちには、見えていない世界があることさえわかりません。この文章を読んでいるあなたは、インターネットの世界の住人です。この世界があることに、何の違和感もないですよね。

1995年にインターネットの世界を知ってしまった私

遠い昔の事のように思いますが、確か1995年くらいにホームページを作ったと思います。1997年くらいか、定かではありませんが、そのころにホームページビルダーで、今思うとダサいページをつくりました。ネットサーフィンするなんて言っていた時代です。

これからすごい世の中になっていくぞと、世界が繋がっていくことで、何かが変わるのだと思いました。とにかく、ワクワクしながら何かやってみて、もっと知りたいという感情が大きかったのを覚えています。

掲示板をやったり、ホームページをつくったり、毎日が新鮮で楽しかったころです。会社で1人1台パソコンが支給され、ガラケーを持ち始めた時代です。

もう大きくなりすぎて理解できない世界があります

インターネットの世界は、ものすごいスピードで変化しています。もう、何が何だかわからないくらいに大きくなってしまいました。

全てを理解している人は、多分いないでしょう。一生かけて勉強しても、その何十倍のスピードで新しいことが生まれています。

地球上のリアルの現実と同じくらいインターネットの世界も存在しています。2つの世界を交互に行き来して、新しいことを受け入れていきましょう。毎日がワクワクする楽しい世界があることに感謝しながら・・。

合わせて読みたい

(Visited 13 times, 1 visits today)