金持ち父さん 貧乏父さん ロバート キヨサキ

金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント ロバート キヨサキ

この本は、収入を4つに区分しています。

E(従業員)、S(専門家)、B(ビジネスオーナー)、I(投資家)の4つです。このうちお金持ちは、ビジネスオーナーと投資家であると書かれています。ビジネスオーナーとは、会社のオーナーのことで人動かす仕組みを作ることで自分がその場にいなくても収入が入る仕組みを持っている人です。

投資家は、不動産や株を所有しお金を働かせて収入を得る人です。本書では、先ずは、自分のビジネスを持ってビジネスオーナーになることを推奨してます。投資家になるには、まとまったお金が必要なためです。ビジネスオーナーになるには、先ずは小さく始めることが大切だと思います。できるだけ初期費用を抑えて学びながら収入を作っていく事が大切だと思います。

実際にビジネスオーナーとして成功している人との繋がりを作ってアドバイスを頂くことも大事だと思います。そのためにも、経営者が参加するパーティーなどに行って気に入って頂く必要があると思います。なので、日頃から経営者やお金持ちに気に入ってもらえるような人になるように努力する事も大切だと思います。

あるいは、従業員として働きながら、副業で自分のスキルを上げて専門家として独立してフリーランスになり、ある程度稼げるようになったら法人化する方法もあります。自社のファンを獲得して得意先をいくつもつくり、その仕事を仕組み化し、人を雇ってその方に動いてもらって、自分がいなくても会社が成長し続ける仕組みを作ります。

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント : 経済的自由があなたのものになる (単行本)

新品価格
¥2,090から
(2021/5/23 14:23時点)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 ロバート・キヨサキ

日本では学校でお金のことについて、ほとんど学ぶ機会がありません。なので、まずはお金との付き合い方を学ぶ基本的な教科書として、この本をお勧めします。

会社勤めをしている時と、自分で事業を経営する立場とでは、明らかにお金に対する認識を変えていく必要があると思います。そうでないと、なかなか事業はうまくいかないでしょう。

この本では金持ち父さんがなぜ事業で成功し、お金持ちになったのかを詳しく説明しています。さらに金持ち父さんと比較をして、貧乏父さんがなぜお金に縁がなかったのか、その理由も述べています。

二人とも性格は良かったようですが、なぜか貧乏父さんはお金に恵まれませんでした。その事実を知ることで、今後のビジネスのやり方に生かしていけるのではないかと思っています。

不労所得についても述べています。具体的に不労所得で収入を得る方法などが書かれているので、これも参考になります。経営者としてビジネスを成功させるためには、目に見えるものだけではなく、もっと大きな視野で物事を捉えることが必要です。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

新品価格
¥1,760から
(2021/5/23 14:27時点)

合わせて読みたい

    None Found

(Visited 6 times, 1 visits today)