ホームページ制作会社だけど、仕事はいろいろやってます

単価が高いと受注には時間が掛かる

「ホームページを作りませんか」といきなり言っても誰もお願いしようとしないです。ホームページを作るときには、結構な金額が掛かります。ここで、どうすればお客様を呼びこめるかを考えました。

ホームページを作る会社は、まだ少ないから、インターネット上で呼びこむ仕組みを作っていき、近くのお客様には、ホームページ以外で何か役に立つようなことが出来ないか考えました。

インターネットを使いホームページ制作を受注

起業して直ぐのころは、検索エンジンの上位に表示させることが難しくなかったので、とにかくお問い合わせが来るように、いろいろな角度から説明したページをつくっていきました。

直接会うこともなく、全てインターネットで受注して、やり取りをしながら作りました。

入りやすい入り口をつくる

近くのお客様は、ホームページの効果とかから説明しないと、仕組み自体がわからない方が多かったので、起業して直ぐは、ホームページ制作以外の関連サービスを提供してきました。

パソコンとかガラケー、インターネットに関することは何でもやりますみたいにアピールしました。それも、緊急的なことをいつでも直ぐにやりますみたいにアピールしました。

・インターネットに繋がらなくなったら連絡ください。
・ワードを簡単に使いこなす方法教えます
・エクセルでの家計管理教えます
・チラシ制作します
・最適なパソコン選びます
・パソコンが動かなくなったら連絡ください

などなど、ちょっと困った時に、ここに電話すると解決してくれるだろうみたいなことでアピールしていきました。

お客様がホームページをつくりたい人を紹介してくれる

パソコンの何でも屋さんみたいに認知されてくると、お客様のほうからホームページをつくりたい人を紹介して頂くことがあります。

ホームページを作った会社からも紹介して頂くこともあります。

この紹介は、本当にありがたいと思っています。話が早く進みますし、お互い変なことも出来ないですし、良いモノを作っていくという目標が同じになります。

まとめ

高単価の受注には時間がかかる

入り口は簡単に頼めることにして、そこで信頼を得る

紹介での仕事は、ありがたい

合わせて読みたい


    ホームページを自分で作ることもそれはそれで大事です。しかし、ビジネスを進めていく上で一ヶ月とかの時間をホームページ作成だけにとられていてはその先にいつまで経って…


    ホームページは、ブラウザとテキストがあれば出来ます。 ブラウザというのは、今このホームページを見ているInternet Explorerなどのことです。きれいな…


    まず最初に、お客様が「ホームページをつくりたい」と思うのはどんな時かじっくりと考えます。 ・起業した時 ・受注を増やしたい時 ・商品を売りたい時 ・「ホームペ…

(Visited 165 times, 1 visits today)