売りたいものを考えるのではなく、お客様の欲しいものをつくる


こんな商品を開発して売っていきたいと考えるかもしれませんが、私はお客様が望むサービスを始めたほうが長く続けることが出来ると考えています。

売りたいものは売れない現実

売りたいものを考えても、誰も購入しないのであれば、その労力とお金が無駄になってしまいます。売れるかもしれないと最初は考えてしまうかもしれませんが、それは売れません。99%売れません。

なぜなら、売ったことが無い人には、ほぼ売れないという現実があるからです。新製品を開発して売ろうなどとは考えてはいけません。99%失敗します。

そんな時間も掛かり、お金も掛かるような方法をしなくても、もっと簡単に収入になる方法はいっぱいあります。

代行サービスとして考えてみる

お客様の代わりにやる「代行サービス」を考えると、お客様の方から来てくれます。特に、困ったこと、緊急性があることなどは、比べられることも少なく直ぐに受注になります。

例えば、水道の蛇口が壊れたなら、直ぐにでも交換してほしいですよね。自分でも出来ますが、どの蛇口が良いのか、口径はいくつなのか、工具はあるのかなど、調べるだけでも時間が掛かってしまいます。

今すぐにでも交換したいので、どこかに頼もうと考えます。そう言えば、ク〇〇アンって水道の修理をやっていたな。磁石付きのカードで冷蔵庫に貼ってあったな。電話してみよう。

となります。

この、自分で出来るけど今すぐにでもやって欲しい事を考えていくと収入になります。

代行サービスが、ビジネスアイディアとしては1番だと思います。東京都内では、多くの会社が代行サービスをしていますが、地方の方は、東京でやっている代行サービスを真似るのが簡単です。

自分の強みをお客様が欲しがっている

自分では、いつもの事なので強みとしてはわからない時があります。

・料理が出来る
・掃除が得意
・力仕事が出来る
・機械に強い
・話をするのが好き

何かに特化していると自分では普通の事ですが、お客様から見ると頼みたいことになります。そこをアピールしていくことで、お客様の方から来てくれます。

まとめ

お客様の欲しいものを考えてみる

代行サービスを考えてみる

合わせて読みたい


    物やサービスの値段を下げると受注につながると考えますが、私は値下げしても意味がないと考えてきました。値下げするよりも値上げすることを基本的に考えてきました。 …


    起業の最初の試練は営業だと考えます。自分がどんな人間なのかをアピールしていくことが大切になります。信頼を得ることが最初の営業と考えます。 私は、その会社の社長…


    会社をつくるのは簡単です お金があれば会社はつくれます。何も心配する必要もありません。誰でもつくれます。そこに意味は全然ありません。会社をつくることと起業する…

(Visited 89 times, 1 visits today)