値下げを考えるなら値上げを考える


物やサービスの値段を下げると受注につながると考えますが、私は値下げしても意味がないと考えてきました。値下げするよりも値上げすることを基本的に考えてきました。

値上げすると

値上げすると何が良いかと言うと、変なお客様が来なくなることです。クレームが少なくなりますし、お客様の質が上がります。これが値上げの一番良いところです。

値下げしたいと考えたら、その分の金額をサービスとしてプラスしてあげるのがお客様は喜んでいただけます。それか、お客様のサイトへの集客につながる広告を出すのが最適と考えます。

値下げすると

値下げするとあなたのイメージが下がると考えてください。会社のイメージが下がって、あなたに対しては、それくらいの人間なのだと思われると考えると、値下げを考えるよりも値上げしたいと考えませんか。

値下げすると継続的収入に影響します。数を増やさなければ、利益にならないのはどこかできつくなります。値下げしたい誘惑に負けないでください。

値段の決め方が重要

基本的に、値段の決め方が重要なのですが、どうやって決めるかが重要です。

あなたの価値基準で決めていると安いかもしれません。わたしならこのくらいの値段なら頼むとか思って決めるのはダメです。あなたの価値を見積もりしてみてください。もっとレベルが高いと思いませんか。その価値基準で決めてください。

お客様基準で決めるのも大切です。例えば会社組織の場合には、かけた経費よりも売り上げが多ければ良いので、必ずしも安くする必要はありません。対会社の場合には、金額が大きくなります。

個人のお客様の場合には、その物やサービスによって得られる感情が大きければ、値段が高くても売れます。

まとめ

値段の決め方が一番重要

値下げするより値上げを考える

合わせて読みたい

(Visited 8 times, 1 visits today)