サラリーマンをやりながら副業を始めてみる


サラリーマンの方は、今の仕事をそのまま続けてください。これを基本の収入として考えることで、その後のフリーランスや会社設立の道が開ける可能性があります。

私は、会社が倒産しましたので、いきなりフリーランスになってしまいました。毎月入ってくる収入が0に近くなりました。サラリーマンの方が、会社を辞めてフリーランスになるとこの状態になってしまいます。かなり不安ですよね。よくわかります。

最初に毎月の出費を把握する

私がもう一度サラリーマンから独立を考えるなら、まず毎月の出費を計算します。家賃やローンの金額、光熱費、食費、など生活するのに必要な金額をきちんと計算して出します。

サラリーマンなら、出費は収入よりも少ないはずです。(出費と収入が同じくらいかもしれません。)サラリーマンの収入は、消費のためのお金と割り切りそのまま維持します。

これがあることで、安心して副業にチャレンジすることが出来ます。

副業のお金の使い方は、サラリーマンのお金の使い方とは違う

副業を始める時に、最初はお金の使い方を考えます。サラリーマンのお金は消費のためのお金です。消費して無くなっていくお金になります。これに対して副業は投資するお金になります。

先にお金を使うけれど、後にそれ以上にお金が入ることを考えます。投資して回収するためにお金を使います。

この消費するお金、投資するお金の違いを必ず理解する必要があります。

いろいろな副業の中からピックアップ

人によって向き不向きがありますが、初期投資が少ない副業をいくつかピックアップしました。パソコンとインターネット回線があると始められます。

1.せどり(本や物などに投資します。)
2.クラウドソーシング
3.アフィリエイト
4.FX(預け金としてある程度の投資金が必要。)
5.動画編集

この辺ですと、投資金額が少なくても始められます。内容は、調べて見てください。

回収する日数が短い方が儲かる

せどりで考えてみますと、本を数冊、購入して販売したとします。2日間で回収できれば1か月15回繰り返すことが出来ます。1回の投資で10,000円の利益になれば、15回で150,000円の利益になります。

本がなかなか売れずに1か月でやっと売れたとしますと、10,000円の利益にしかなりません。回収する日数が短い方が儲かることがわかります。

投資する金額と回収する日数がとても重要

サラリーマンの方が副業を始める時には、投資して回収するということを常に考えることが必要です。お金を使うことは投資するということです。これを意識しながら、いくら回収出来るかを考えます。回収できるイメージがないと、投資が消費に変ってしまいます。必ず回収しなければなりません。

まとめ

サラリーマンの副業は、消費と投資を分けて考える。

投資をしたら、必ず回収することまでする。これをしないと消費になってしまう。

合わせて読みたい

(Visited 23 times, 1 visits today)