どうやって営業するの? 間違った営業は無駄で迷惑


今だから話せますが、私は間違った営業をしました。起業して直ぐは、チラシのポスティングもしましたし、電話営業もしました。メール営業もしました。

この営業自体は、昔からあるのですが、今は流行らない方法です。迷惑な営業です。起業して6ヶ月後にこれが分かったので、全て止めました。

チラシのポスティングはゴミを配っているようなもの

あなたの家のポストにチラシが入っていたら見ますか?多分、ほとんど見ないでしょう。そのままゴミ箱行きですよね。と言うことは、チラシと思っているのは配る方だけで、実はゴミを配っていることになります。

直ぐに気が付いて良かった。ずっと続けていたらと思うと恥ずかしい限りです。

チラシのポスティングは、1000枚配ると1件~3件からお問い合わせや注文が来るから、数を多く配りましょうという営業方法です。これ自体は、数字の理論ですので、なるほどと納得するかと思いますが、大切な事を2点忘れています。

1.1000枚中997枚はゴミになっている。ここが無駄ですし、ゴミを処理する手間を取らせてしまっているので迷惑になっています。

2.ターゲットを絞らずに、ばらまくので効率が悪い。チラシが女性向けになっているときには、男性が見ても何の興味も無いです。ゴミ以外の何物でもありません。

電話営業は時間の無駄

これはもっと悪質です。電話口で応対させて、相手の時間を奪ってしまいます。200件に1件の成約があれば良いとか言われていますが、199件は、時間の無駄です。相手へも失礼です。

今時、電話営業するのは、電話de詐欺くらいです。電話の応対の仕方が変わってきている今日この頃、やっている会社はほとんどないでしょう。

いや、やっていますね。

最近ですと

「〇〇〇会社ですが、そちらの地域を回っていますので、お伺いしてお話しします。」

「〇〇〇会社ですが、電話料金が安くなります。」(電気料金が、ガス料金が)

みたいな営業です。

メール営業も過去のもの

まず見られない。読まれない。あることさえわからない。メール営業している会社は、もう無いでしょう。意味のないものになっています。

本当の営業は、営業しないこと

商品を売り込みに来るとお客さんは直ぐに察します。ということは、営業してはダメなのです。だから、営業するということを頭の中から無くして営業することが大切になります。

私は、社長さんに会いに行き、普通に話をするだけで帰ることを心がけて営業しています。何も売り込まずに帰っています。時期が来ると、相手の方から仕事を頼まれるようになります。

これが営業をしない営業だと思っています。

もちろん、会ってから仕事を受注するまでの道筋を作りきちんと準備をしています。仕事を頼まれる時期というのが大体あります。新しいことを始めるのが1月と4月だったり、書類作成は11月から3月、ホームページに関しては〇月というように、時期があります。

では、社長さんに会うにはどうするのかと言うと、これは社長さんと多く付き合うと社長さんを紹介してくれるようになります。不思議とずっとつながっていきます。

営業するぞと意気込んでも結果につながらないことが多いと思います。それなら気持ちを楽にして、話だけをする営業に切り替えてみてはどうでしょうか。

合わせて読みたい

(Visited 17 times, 1 visits today)